スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)

 18日午後3時半ごろ、浜松市北区三ケ日町の浜名湖で、愛知県豊橋市立章南中学校の生徒ら20人が乗ったボートが転覆した。市消防局などによると同5時現在、救助活動中で、行方不明者はいない。生徒らは海の体験教室で現地を訪れボートに乗船、全員が救命胴衣を着用していたという。

【関連ニュース】
【写真特集】八丈島沖で漁船転覆 奇跡の救出劇と涙の対面
【写真特集】海難事故:巻き網漁船が転覆、12人不明−−強風の長崎・平戸沖
【写真特集】ヨット転覆、16人全員救助−−西宮浜沖
【写真特集】図説:イージス艦「あたご」衝突事故
【写真特集】ボート転覆:北海道苫小牧

辞職は国会閉幕後=小林議員(時事通信)
<無理心中>9歳長男殺し父親自殺 大阪(毎日新聞)
民主党の参院選公約「米軍基地見直し」削除(読売新聞)
「靖国参拝せず」「憲法改正、喫緊の課題でない」 参院代表質問で首相(産経新聞)
YouTube違法投稿で初摘発 14歳、漫画4作をコマ送り撮影(産経新聞)

島根原発点検漏れ 中国電社長ら処分(産経新聞)

 島根原発1、2号機(松江市鹿島町)で機器の点検漏れが511カ所で見つかった問題を受け、中国電力は10日、山下隆社長ら全役員20人の報酬を減額する処分を発表した。

 処分内容は山下社長を月例報酬の全額減3カ月、福田督会長を同1カ月、副社長3人を同50パーセント減1〜3カ月のほか、常務取締役1人、取締役9人、監査役5人を減給。このほか、管理職ら20人も厳重注意処分などにした。

京都・河原町阪急…閉店セール始まる (読売新聞)
<文芸家協会>理事長に歌人の篠弘氏(毎日新聞)
県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
<変死>左胸に包丁刺さった男性 大阪のマンション(毎日新聞)
マックノート彗星 北の空に淡い光…名寄で観測(毎日新聞)

<殺人>40歳の長男が父親刺す 東京・大田区(毎日新聞)

 2日午後10時30分ごろ、東京都大田区矢口3のアパート302号室の無職、鎌田住夫さん(64)から「子どもに刺された」と119番があった。警視庁池上署員が駆けつけたところ、6畳間の布団の上で首から血を流した鎌田さんがうずくまっていた。そばにいた無職の長男、誠一容疑者(40)が包丁(刃渡り約16センチ)で刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。鎌田さんは搬送先の病院でまもなく死亡し、殺人容疑に切り替え捜査している。

 同署によると、鎌田さん方は2人暮らし。誠一容疑者は「以前、クーラーを買っていいと言われたが、この日はだめと言われ腹が立って刺した」と供述している。【山本太一】

警官また児童買春 容疑の交機隊員を近く立件へ(産経新聞)
<口蹄疫>種牛2頭発症 残る47頭も殺処分へ(毎日新聞)
警察職員、反則切符盗まれる=帰宅途中に560枚―千葉(時事通信)
貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 (産経新聞)
出産育児一時金めぐり6月にフォーラム―産科学会と医会(医療介護CBニュース)

デコルテケアで見た目の印象を若々しく 年齢に関係なくケアを(産経新聞)

 春夏は肌の露出が増えるうえ、紫外線が強く、スキンケアが欠かせない季節。顔に比べて、あごから首、胸元にかけてのデコルテ部分の手入れは怠りがちだが、実は見た目の印象を大きく左右する。いつまでも若々しくいるためにもデコルテの手入れにも気を配りたい。(小川真由美)

 ◆色彩学と逆の結果

 インターネットによる市場調査会社「アイシェア」が昨年8月、全国20〜40代女性360人に実施した首の手入れに関する調査によると、「首は年齢が出やすい」と感じている人は全体で82・8%。20代でも7割超、40代では約9割の88・3%に達した。しかし、実際に首のスキンケアをしている人は全体の36・4%。年代別では20代25・4%、40代でも37・5%。顔のケアが全体の87・5%であるのに比べると少ない。

 首のケアをしない理由は「面倒」「思いついたことがない」など。多くの女性が首が見た目に影響すると感じながらも、顔ほど手入れを重視していないことがうかがえる。

 「首の手入れ次第で見た目年齢は8歳くらい違う」と話すのはポーラ商品企画部の菅千帆子課長だ。

 一般に、色彩学では明暗のある色を同一空間に並べると、明暗の差が大きいほど明るい部分が強調され、暗い部分がより色が濃く見えるとされる。同社は昨年5月、男女計75人を対象に、同じ明るさの顔に対しデコルテの明るい人と暗い人を比べる実験を行った。その結果、光の反射の有無に関係なく、全体の76%がデコルテが明るい方が顔も明るく見えると回答し、色彩学と逆だった。

 実験を担当した二川朝世さんは「顔とデコルテは肌でつながっているので首が明るいと顔も明るく見えるようだ」と推測。日本女性は美白意識が高く、若いときから顔の手入れをしている分、首のわずかなシワやくすみでも顔との違いが目立ってしまうという。

 ◆9月まではしっかり

 では、どうケアをすればよいか。

 大事なのは、保湿と血行促進。デコルテ専用のクリームを首から胸元にかけてやさしくなじませる。

 専用クリームの配合成分は一般の化粧品とほぼ同じだが、他のクリームとは水と油の比率が違うため、デコルテ専用の方がべたつきが少ない。日焼け止めを使う際は首の後ろ部分も忘れずにクリームを置くように塗る。その際、クリームを擦り込もうと力を入れすぎない。皮膚の最も外側にある角層の厚みがデコルテ部分では顔の4分の1程度と薄く、引っ張るとシワができやすくなるなど逆効果になるので注意する。

 鎖骨の下部分のほか、耳の下から鎖骨にかけて頸(けい)動脈が流れる部分を温めると血行が良くなり、くすみ予防に有効だ。また、デコルテは皮脂腺が少ないため、髪の毛の先が触れるだけでも刺激となってニキビができることがあるそうだ。

 菅さんは「自分が思う以上にデコルテは他人の目に付く部分。年齢に関係なく、せめて紫外線の強い9月まではデコルテのケアを習慣にしてほしい」と呼びかけている。

ウイルス、酢で防げ…宮崎市が無人ヘリで散布(読売新聞)
「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談(産経新聞)
検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
両陛下が帰京=静岡では療養所を訪問(時事通信)
橋下新党、初陣飾る 大阪市議補選で「維新の会」初当選(産経新聞)

元妻の連れ子との婚姻届受理、戸籍上は「夫婦」(読売新聞)

 元税理士の男(57)が、元妻の連れ子だった女子高校生との婚姻届を偽造した有印私文書偽造容疑で兵庫県警に逮捕される事件があり、同県明石市の職員が、男と女子高生が民法上、結婚できないことを知らずに届を受理していたことが14日、わかった。

 いったん受理された婚姻届は有効で、戸籍上はまだ「夫婦」のまま。女子高生は婚姻の無効確認を求めており、家裁の判断を待って、戸籍を訂正するという。市は近く、女子高生に謝罪する。

 捜査関係者などによると、男は4月、婚姻届の妻の欄に女子高生の名前を書くなどして偽造した疑い。男は「自分のものにしたかった」と容疑を認めているという。

 2008年の戸籍法改正で、窓口を訪れなかった配偶者に結婚が通知されるようになり、通知を受け取った女子高生が警察に相談し発覚した。

 民法では、直系姻族(結婚相手の子どもなど)とは、婚姻することができないとし、離婚後も同様と規定している。男は女子高生と血縁関係はないが、元妻との離婚後も連れ子との結婚は認められない。

 男が届を出した際、夫と妻の欄にある名前の筆跡が酷似しているのを職員が不審に思い、法務局に照会したが、法務局から「書類が整っていれば、受け付けないといけない」と回答があり、受理したという。

非正規雇用 「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
資格試験の二段階化を=公認会計士協(時事通信)
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行−広島高裁(時事通信)
<B型肝炎訴訟>長妻厚労相が原告団と面談 被害実態聞く(毎日新聞)

<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り9日、閣僚から発言が相次いだ。枝野幸男行政刷新担当相はさいたま市内で「いろんなものが前進しているのに、5月末を越えたらその努力と前進を放棄するのかという話だ」と述べ、月内に決着しなくても鳩山由紀夫首相の責任問題にはならないとの見方を示した。

 首相が公言してきた「5月末決着」は事実上困難な状況に追い込まれているが、枝野氏は「(米国や移設先との)合意までいってないから全部もう一回机をひっくり返す、という話ではない」とし、6月以降も交渉を続けるべきだとした。

 前原誠司国土交通相もフジテレビの番組で「一定の方向性をしっかりつけるという総理の固い決意は変わっていないと思うが、5月31日ですべてが終わるということではおそらくないと思う」と述べた。前原氏は番組終了後、6月以降も沖縄県や鹿児島県・徳之島との交渉が続くかに関し、「必然的にそうならざるを得ない」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
普天間移設:政府案、詰めの協議 10日に閣僚会議
普天間移設:「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え
志位委員長:普天間移設「無条件撤去を」 米で日本部長に
普天間移設:政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否
普天間移設:首相、15日の訪沖先送り

<自民党>金子・前長崎知事を擁立 参院選長崎(毎日新聞)
劇団民芸の北林谷栄さん死去(時事通信)
空き家物置に女性遺体=死体遺棄で捜査−静岡県警(時事通信)
スイーツ好き女子が夢中!! 香りまでそっくりなケーキ型せっけん(産経新聞)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)

<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)

 内閣府は22日、09年度2次補正予算で、「電線地中化などを支援する」として計上した地方自治体向けの臨時交付金(総事業費5719億円)のうち、対象の4事業に使われたのが9.9%にとどまったと明らかにした。大半は、道路の補修や公民館建設などの従来型の公共事業に使われていた。使途を限定しなかったことが原因だが、「コンクリートから人へ」のスローガンが結果的に骨抜きに終わった格好だ。

 交付金は「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」。鳩山政権は2次補正の編成にあたって「ばらまき、ハコモノの公共事業はやらない」と宣言。交付金については、電線地中化の他、都市部の緑化、橋の補修、林道の整備に充てられるとして、「地方の活性化につながる」と説明していた。古川元久副内閣相は会見で、自治体にも財政負担を求める仕組みだったため、4事業への交付が伸びなかったと説明。「課題をまとめ、反省に基づいてやっていく」と述べた。【坂井隆之】

<鳩山首相>大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙(毎日新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議(産経新聞)
寒さも何の ジョッキ片手にタイガース応援 大阪でビアガーデンオープン(産経新聞)
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)

<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)

 公訴時効が成立した警察庁長官狙撃事件について、警視庁が「オウム真理教信者による組織的テロと認めた」とする捜査結果概要を公表した問題で、教団主流派で構成する宗教団体「アレフ」は21日、国家公安委員会に対し、委員会としての見解を示すことや警視総監の規律違反の有無を調査するよう請願した。

 アレフの荒木浩広報部長は会見で「教団への名誉棄損の問題もあるが、まずは警察機構の内部から是正措置が講じられるべきだ」と訴えた。また、月内にも日本弁護士連合会の人権擁護委員会に人権救済の申し立てをする方針も明らかにした。

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議
APEC:警察庁がサイバーテロ対策指示
中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換
警察庁:被害届前でも逮捕 男女間トラブル対応で指針
変死:事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告

常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
ペンギン切手、名前間違い販売中止(読売新聞)
老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針(産経新聞)

 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)

 混乱が続く鹿児島県阿久根市政をめぐり、産経新聞の単独インタビューに応じた竹原信一市長。主なやりとりを紹介する。

 −−「妨害勢力の議員を排除する」というが具体的には

 「その言葉による効果を狙った部分もある。もろに妨害行為を行った場合には厳しく処理すると表明することで、妨害勢力の一員がそうでなくなるかもしれない。そういうやり方だ」

 −−市長も市議出身だが

 「(市議時代に)手数料値下げ条例案などを出したが、『こいつばかりにいいかっこさせるわけにはいかん』と否決された。議論ではなく感情や損得で決める。それが議会の現実だ。(今年3月に議会側に要望した)議場で市民の録音を認める措置も、聞き捨てならないことが録音で残されてしまうから拒否されたのだろう」

 −−全国の首長を見渡して自身とスタンスが近いと思う首長はいるか

 「首長はみんな、内心では議員を基本的にバカにしている。ただ、勇気がない、変えられないだけだ」

 −−給与公開によって住民サービスへの職員の意識は高まったか

 「市民からは『すごくよくなった』という声も聞くが、私はそんなことで喜ぶ気持ちはない。当たり前のことだ」

 「最初に給与を公開したときに職員組合は『そんなに(民間と)差はない』と訴えるチラシを配った。『職員の給与はひどい(高い)』というコンセンサスを作っていく必要がある。これは阿久根市だけの問題ではないはずだ」

 −−ブログでの「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害を持ったのを生き残らせている」という記述の真意は

 「医療の金もうけのために無理やり生き延びさせる作業をすると、見守らなければならない人たちに苦しみを与えてしまう。そういうことに痛みを感じることのできない人たちによって医療が行われてしまっている。障害者や障害者と一緒に暮らしている方から『発言に同意する』という声も届いている。重い問題だが、避けて通ることが命を大切にすることではない」

 −−地元の記者の中で、信頼を置き取材を受けるようにしている記者はいるか

 「テレビ局に3人いる」

 −−新聞社が入っていないのは

 「新聞はものの考え方を単純化して見出しでおもしろくしようとする。頭が自動的にそういう回転をするのかな。市長なんかより大きな影響力があることを自覚していない」

 −−取材を拒否したら市民にメッセージを伝えられないのでは

 「市の広報誌で毎月コラムなどを書いているし、防災無線も市民懇談会もある」

【関連記事】
「首長新党」に首相、「私たちが先を走っている」
【週刊・中田宏】(21)新党理念は「自立」、国家像なき現状日本を憂う
“首長新党”に理解 閣僚、連携には両論
松山市長、首長新党に「個人的エール贈る」 参院選も出馬せず
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線
外国人地方参政権問題に一石

男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
「立ち上がれ…」略称「日本」、新党日本と重複?(読売新聞)
<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)

<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)が第一人者の力を見せて防衛するか、初挑戦の権利を得て勢いに乗る三浦弘行八段(36)が奪取するか。東京都文京区の椿山荘で8日に始まった第68期名人戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)。将棋ファン注目の開幕局の戦型は、横歩取りになった。

 立会の大内延介九段や川端達夫文部科学相らが見守るなか、記録の渡辺愛生三段が羽生の側の歩を5枚取り上げ、手の中で振ってから宙に投げ出した。絹布の上に落ちた駒は「歩」と「と」が2枚ずつで、1枚は立った状態。先後は決まらなかった。再び行われた振り駒は「と」が3枚で、ようやく三浦の先手番と決まった。

 羽生と三浦の対戦成績は羽生の16勝6敗。03年2月以降は羽生が10連勝しているが、このうち8局が横歩取りだった。両雄が得意にしている戦型だ。それでも、2人とも時間を使って慎重に指し進めた。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
ひと:久保利明さん 王将を獲得、2冠制覇の棋士に
将棋:久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利

【第48期囲碁十段戦】第3局 下辺で激しい競り合い(産経新聞)
沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)
両親海外、子が寮は不支給=子ども手当、家庭環境で左右−厚労省(時事通信)
民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
新党参加「今のところない」=鳩山邦氏(時事通信)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
総量規制 主婦
情報商材レビュー
ショッピング枠現金化
探偵事務所 宮城県
主婦 キャッシング
selected entries
archives
recent comment
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    AtoZ (08/29)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    志波康之 (01/14)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    桃医 (01/08)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    こういち (12/27)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    ポリエモン (12/23)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    しゅうじん (11/20)
  • <ボート転覆>愛知の生徒ら20人を救助中 浜名湖(毎日新聞)
    加藤よしはる (11/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM